ネットカフェ難民の現状と対策|脱出するための仕事は何があるの?

ネットカフェ難民の現状と対策|脱出するための仕事は何があるの?

MENU
RSS

ネットカフェ難民って、どういう人達?現状や実態とは?

ネットカフェ難民の現状とは?実態とは?それをお伝えする前に、そもそも「ネットカフェ難民」とは?というところから始めましょう。
この言葉が世に広まったのは2007年のこと。
1月にテレビ番組『NNNドキュメント』が、「ネットカフェ難民 漂流する貧困者たち」という放送を行いました。
貧しくて部屋を持てない若者が、ネットカフェを転々と泊まり歩く様子を取材したドキュメンタリーでした。
これがきっかけで、若者の貧困や格差社会が広く知られていったのです。
ネットカフェって、たしかに寝泊りしたくなるような、とても快適な空間ですよね。
ネットができてマンガも読めるし、ドリンクバーもあります。
路上のホームレスのように、暑さや寒さに耐える苦しみはありません。
でも…。
その現状と実態はホームレスと大きくは違いません。
未来の見えない不安があります。
ところで、そんなネットカフェ難民の現状が、最近、変化しています。
貧しいわけでもないのに、ネットカフェで暮らす女子が増えているのです。
「ひとり暮らしは寂しいから…」「誰かの気配を感じていたい」そんな彼女たちの実態は、お金よりも愛情に困窮しているのかもしれません。
皆がもっと、仕事も温もりも手に入れることができればいいですね。
誰もが幸せに暮らせる国に日本がなることを、願ってやみません。

 

 

ネットカフェ難民の原因は?解決策や対策

ネットカフェ難民は、生活する拠点が存在しないホームレス状態でネットカフェに宿泊を繰り返しますが、その原因を把握することで、有効な解決策や対策も存在します。
まず原因としては失業したことで家賃などが払えなくなるという事情等で、それまで住んでいた自宅や寮などの追い出しをくらい、行き場がないことです。
そのため一晩の宿泊料が安いネットカフェを利用する形態になり、身寄りもない場合は住所不定状態になります。
当然、住所不定となってしまうと、新しく賃貸住宅の入居ができないといった不都合が起き、それがネットカフェ難民になりやすい原因を作っています。
他には本人を証明するための書類である運転免許書を更新することも出来なくなり、そういったことからの制限も起きることで悪循環に陥り、ネットカフェ難民状態をなかなか脱出できない場合も多いです。
そこでネットカフェ難民の対策としては、失業による状態が原因となることも多いため、ハローワークに就職支援専門員の配置を始め、自治体でもこの問題を重くとらえ、自治体の窓口で住居や生活・就職等についての相談支援に乗り出していく解決策もあります。
さらに細かな対策としては、自立に意欲ある人向けに60万円までの無利息貸付制度の導入などでの解決策にも乗り出しています。

 

 

ネットカフェ難民からの脱出、出来る仕事を考える

今や社会問題と化している「ネットカフェ難民」。
都内のネットカフェでは、継続利用する人たちで予約がいっぱいになり、満室の状況にある店も少なくないと言われています。
では、ネットカフェ難民になる人の特徴と、そこから脱出する為の手段、特に「仕事」を見つけるという面での手段を考えてみます。
ネットカフェ難民の特徴、それは自分の住む家がないという事ですから、賃貸住宅を含めて部屋を確保できない人、つまり定職をもたない人というケースがほとんどです。
実家にも事情があり、親に頼ることができない人もいます。
ネットカフェ難民から脱出したいけど、なかなか脱出できない、それは様々な事情があるにせよ本人の意志が弱いということも影響しているようです。
ネットカフェ難民からの脱出方法では、どうすれば部屋を確保し、定職を見つけてそのような状況から脱出できるのでしょうか?
まずは、一切のプライドを捨てて、仕事の内容を選ばず、寮の制度がある仕事を見つけるのもひとつの方法です。
仕事にこだわりすぎなければ、パチンコ店・工場・飲食店などで、寮や食事の支援制度が完備された会社への就職が可能となります。
まずはそうやって普通の生活を取り入れ、まわりの人とコミュニケーションをとる事によって、一般の人と同じ生活を送れるようになります。

 

 

関連サイトはこちら

ネットカフェ難民になってしまい、職を得られない状態になってしまうと、所持金がどんどん減っていってしまう可能性があります。
そうなると、ゆくゆくは借金をしてしまい、借金苦になってどうしようもないと感じる状態に突入することも。
そんな場合には、借金についての相談方法を知っておくことが重要です。
こちらで紹介しているサイトなら、借金解決の糸口について説明があります。

 

借金苦と希望

 

借金苦で悩んでいても、きちんと相談をすれば希望がある事に気付いてほしいと思います。